引越しの住所変更の手続き

新しい住宅に引越しをする場合、住所が変わる関係から様々な手続きが必要になります。まず住民票を移すために、現在住んでいる自治体の市役所に行って「転居届」を提出します。そして新住所の市役所に行って「転入届」を提出します。転居届も転入届もネットからダウンロードできるので、市役所に行く時間が取れない場合は郵送で済ませるのが便利です。市役所関係では印鑑証明書や国民健康保険の廃止手続きなども必要になります。運転免許証の住所変更は、引越し先の住所にある警察署に行けば書き換えてくれます。パスポートは一番最後のページにあるアドレス欄に、自分で新しい住所を手書きで記入するだけでOKです。郵便物の転送の手続きは郵便局でできます。郵便局に備え付けてある転送届に必要事項を記入して窓口に提出するだけで、1年間旧住所に来た郵便物が、新住所まで転送されるようになります。

引越しの手続きは日程に余裕を持って

引越しには手続きの際にある程度の日数を要します。ギリギリになって業者に電話しても希望の日までに手続きが完了しない事態が起こり得ます。そうなっては色々とトラブルなどにも繋がりかねないので、手間がかかることを想定して、早め早めの行動をしておいた方が良いです。もし何か予期せぬ出来事が起こっても、時間に余裕があると冷静に対処しやすいです。梱包作業に必要となるダンボールの数もとかも把握しておかないと効率に影響にしますし、引越しは大事なことだと思って優先順位を高くして準備を進めましょう。初めての経験ならば尚更です。流れを把握するまでに時間がかかることも考慮し、失敗しないように気をつけながら時には慎重に行動するのも大切です。業者を直前になって困らせないためにも、スケジュールを立ててしっかりと最後までやり遂げるべきです。

引越し繁忙期の時の手続きは早めに。

3月、4月というのは、引越しをする人が大変多い時期です。この時期に引越す予定であれば、様々な手続きなどは早めにやった方がよいです。引越し業者も忙しい時期ですので、どんどん予定が埋まっていきます。土日に引越す予定であれば、早めに動かないと頼める業者がなかったり、頼めたとしても、遅い時間に引越すことなどになってしまう可能性が高いため、日程が決まったら、早めに業者に連絡を入れることが大切です。また、退去することも早めに管理会社などに伝えることが大事です。この時期は入れ替わりの激しい時期ですので、管理会社なども退去の際の立会いなどで忙しいです。こちらもやはり土日などに立会いを希望するのであれば、早めに希望日程を伝えることが大事になってきます。手続きなどが遅くなればなるほど、希望通りにいかなくなる可能性が高いので、早め早めの行動を心がけることが必要です。

家電製品の移設を、引越し業者より専門の電気業者に頼むのが節約のコツ! 荷物や移動距離にもよりますが、単身引越しの場合平均費用は約5万円。 年間工事実績は18万件以上!安心の実績! 激安エアコンの引越しなら「引越しジョーズ」。 引越しの2~3週間前に、公共料金の手続きなどを進めておくとスムーズです。 引越しに伴うエアコンなどの家電移設を20年以上行っています。 引越しの手続きでお困りなら引越しジョーズにお任せください