引越し手続きはリストを作り効率的に。

ひとたび「引越し」が決まったら「あれをやらなきゃ」「これもやらなきゃ」をやるべき事が頭に浮かんできてそのタスクの多さにうんざりしてしまいます。効率よく漏れなくそのタスクをこなしていくには、時系列ごとの「やることリスト」を作るとうまくいきます。「次はいつ~を終わらせます。」ということが明確になり、心も穏やかになるのでおすすめです。一例をあげると1か月前に、(賃貸に住んでいる場合)不動産管理会社に連絡し、退去したい旨伝えます。そしてお子さんの学校に転校の具体的な日付をつげます。2週間前に、電気、ガス、水道などの公共料金を払っているところへ移転の連絡をします。1週間~当日までに、使わないものから順番に荷詰をしていきます。下着や当日の衣類などは当日にする、などなどです。引越し事前にすること、事後にすることやそのときに必要な手続きや書類を明確にしておくことで不要なストレスをため込むことを防ぐことができます。

引越しの手続きはなるべく早めに

引越しを行う場合の手続きは、なるべくスムーズに行いたいと考えるはずです。とくに、会社の転勤などは急に引越しが決まる場合もあり、ストレスなくトラブルも少なく手続きを行いたいと考えるはずです。スムーズに行うことで重要なことは、できるだけ早めに準備を行うことです。もし、業者などを利用する場合は、とくに早めの準備が必要になってくるでしょう。時期にもよりますが、ほとんどの場合は他の人と同じ時期に準備をすることになります。業者へ連絡をしても、既に予定がいっぱいになっているということも少なくありません。引越しが決まった場合は、まずは日にちの予約だけでも早めに手続きを行っておくことが大切です。また、自分の力でできることはやっておけば費用などを安くおさえることができます。全てを業者へ任せるのではなく、できる限り自分で行うことも重要です。

引越しの手続きの際に押さえておくポイント

新たに自宅を購入したり、別の好条件な物件を見つけた際に、引越しを行うことがあります。その際次の点を押さえておくことで、スムーズに引越しの手続きを行うことができます。まず挙げられるのが退去の連絡をするタイミングです。多くの場合では1ヶ月前には管理会社などに連絡をする必要があり、それを怠ると違約金などが発生することがあります。余計な出費を行わないためにも、まず連絡するタイミングを契約書などで確認する必要があります。次に挙げられるのが水道光熱費などの切り替えタイミングです。電気やガスなどは退去日に合わせて停止の依頼をしておかねばなりませんが、場合によっては引越し後に最後の部屋掃除を行うことがあります。その時電気などが利用できないと効率よく掃除できないこともあるため、退去や清掃についての計画を立てておくことが重要です。上記のポイントを押さえ、スムーズに引越しの手続きを行うことが重要です。